僕らの証明はどこにある

不器用で下手くそ それでも人生さ

2021年買って良かったものリスト

気づいたら2021年の12月になっていた。
早い。早すぎる。
今年の記憶ないんだけど何してた!?になるのが毎年この時期なんですけど、ここを見返すと今年は意外と文字書いていて、ああこんなこともあったなと振り返ることができたのは僥倖だった。ということできっとこうやってまとめておくと2022年以降の自分のためにもなると思うのでまとめてみました。良かったら皆様もどうぞ。
ちなみにですがこのページに記載されてるリンクは全部アフィではないのでわたしにはもちろん一銭も入りません。ただただわたしが見てみて!したいだけなので、気兼ねなく飛んでくださいね。



* * *



1. ナンバースイン 3番 すべすべキメケアセラム
3番 すべすべキメケアセラム - ナンバーズイン日本公式ショップ numbuzin
メガ割で安くなってたのでつい買ってみたら思いの外良かった。春先くらいからずっと肌荒れに悩み続けてたんだけど、これを使い始めてから荒れが(おさまったとは言わずとも)随分とおとなしくなった印象。ナンバースインは全部名前がストレートで可愛いですよね。韓国コスメのスキンケアに積極的に手を出し始めたのは今年になってからだけど、次はトナーも買ってみよかなと思った商品。




2. VT COSMETICS CICAデイリースージングマスク
VT CICAデイリースージングマスク (30枚入り) | VT COSMETICS JAPAN 公式サイト
もはやわざわざわたしが説明するまでもないみんなお馴染み「シカマスク」。今年の上旬にドラッグストアでも見かけるようになったので試しに買ってみたら割と良かったので、普段使いの為にもこれもメガ割で大量購入。ありがとうメガ割
割とさっぱりめだけど冬場のめちゃくちゃ乾燥する今のような時期でもそこまで物足りなさを感じることはないのでやっぱり話題の商品はすごいんだなと




3. ロート メラノCC 薬用しみ集中対策プレミアム美容液
メラノCC 薬用しみ 集中対策 プレミアム美容液 | ロート製薬: 商品情報サイト
先述した通り今年はずっと肌荒れ、というか吹き出物に悩み続けてた1年で、吹き出物の痕がなかなか消えずどうにかしなくては!と藁にもすがる気持ちで買った品。プレミアムと通常があったけど、つい効能に頼ってプレミアムに。結論から言うと吹き出物痕はだいたい消えました!上述2品と合わせて化粧水→セラム→パック→跡に美容液→乳液とズボラのわたしらしからぬ段階を踏んでスキンケアをしましたが、このローテになってから半年くらい悩んでたのが徐々に徐々に落ち着いてきたので、やっぱり肌に手間暇かけてやるのは大事なんだな……と思った1年だった(もしや歳のせいか……?)。


3.5 外用抗生物質
いうて結局のところ何が特効薬だったかって考えるとまあぶっちゃけ皮膚科からもらった薬だったのでとにかく肌荒れは皮膚科に行くべき(学び)


4. LUSH キューティクルバター『檸檬の指先』
檸檬の指先 - LUSH(ラッシュ)公式 - キューティクルバター | Lush Fresh Handmade Cosmetics
毎年冬時期の指先のヒビ割れにめちゃくちゃ悩むんですが、それを友人に打ち明けたらお薦めしてくれたので翌日即買いに行った。寝る前によーく塗って手袋して寝るだけで翌日朝起きても全然問題ない……そして少量でも体温でスッと溶けてよく伸びてくれるので、いつ無くなるこれ?ってくらいのコスパ。伸ばしてそれでも余った分は肘とか踵とかに塗ってる。香りも名前の通りうっとりするような檸檬の爽やかな柑橘系!もはやこの冬の救世主……




5. 無印良品 甘皮ケアオイル
甘皮ケアオイル 3.6mL | マニキュア・ネイルオイル・除光液 通販 | 無印良品
これも友人からのおすすめで即刻買いに行ったら非常に使いやすくてスタメンに。上記のキューティクルバターは就寝前に、こっちは日中普段の生活の隙間にちょこちょこ塗る用。
スティック状なのでよくあるマニキュア型ネイルオイルよりも気軽に塗りやすい分重宝している。それでもやっぱりどうしても指先や甘皮周りは荒れるけど、それでもこのふたつを使い始めてからは例年よりはよっぽどマシ!まだ今年はぱっくり割れてない!すごい!ありがとう友人達!!




6. こたつ
こたつの通販|ベルメゾンネット
とにかく冬がつらい。足元が冷えて仕方ない。雪国の人間なのに寒いのが大嫌い。もう耐えられなーい!になった結果、年始のイオンに駆け込みこれください!してきて抱えて帰ったその足で組み立てた。やはり寒さには足元を温めることが重要……これに入ってるとストーブとかエアコンとかいらんし……とはいえ夜寝る前に布団で寝たい己とこたつから出たくない己との戦いという弊害が発生したので布団に電気あんかを装備させることで無理やり停戦協定を結び(?)ました。寒さとの終わらない戦いは続く……




7. Vixen 8倍双眼鏡
Vixen 双眼鏡 アリーナ HD8x21WP | ビクセン オンラインストア | 国内最大級の光学機器通販サイト
基本在宅戦士なのにありがたいことに今年は複数回アリーナの現場に入ったオタク。とはいえ初回の機材解放席が後ろも後ろの最後列天空席だったため何の準備もなく入ったら本人達が終始米粒のような状態で若干反省したので、再度機材解放を当てた際に現場直前ヨドバシに駆け込んで購入。おかげさまで双眼鏡で自担の横顔を穴が開くほど見つめて帰ってきましたとさ。まあ8倍あればええやろ……の精神で購入したけど、もしドームに入れることになったら10倍くらいのを持ってた方がいいのかなあ……有識者教えてください。あとドームに入れますように(これを書いてる段階ではカウコン当落まだです)(入れますように)。




8. ゲルインクボールペン ユニボール ワン
ユニボール ワン|ボールペン|三菱鉛筆株式会社
仕事柄ボールペン胸ポケットに挟みながら酷使するんですが、2〜3本くらい連続で胸ポケットにしまう際にクリップをへし折って、折れないクリップ……になってた時期にちょうど新商品で売り出し中だったこれと出会い「ワイヤーだったら絶対折れない!」ときっと開発側はそこまで想定していなかったであろうニーズで購入したら、そもそも使い心地が超良かったという代物。とにかく色が濃い。黒が濃い。そして書きやすい。ペンのデザインそのものも今時の洗練されたシンプルなのであまり安っぽく見えなくて良い。ただわたしが使いすぎている可能性も否定できませんがめちゃくちゃインクが減るのが早い気がする上に、人気故か替え芯がどこにも売ってなくて使えない!という時期があった。今はもう供給も安定してきたのか普通に替え芯も見かけるようになったので安心!




9. ミルクタッチ グロッシージェリーオーリップティント ベリーベアー
グロッシージェリーオーリップティント - Milk Touch ミルクタッチ
これは頂き物ですが。あんなにリップ大好きだったのにマスク生活になってからとんとリップを買わなくなってしまったけれど、これはマスクをしてても全然色落ちしなくて感動した。イエベブルベ問わず使いやすい色味だと思います。わたしはブルベだけど、どんなメイクしてても問題なくニュートラルに使える色味なのですごく使いやすい。早く人食ったみたいな色のリップ塗って堂々と出歩ける世の中になりますように……




10. エレガンス レヨン ジュレアイズ N 11
レヨン ジュレアイズ N|アイ|商品情報|Elégance - エレガンス
秋の新色!とお薦めしてもらってその場では買わなかったくせに一週間熟考したのち、いや買わなきゃダメだろとそそくさと買いに走った。限定じゃなかったからか普通に買えた。レヨンのテクスチャー好きなんですよね!ぷよんとしてて……ずっと触ってたい感じ。塗った感触もスッと伸びるしヨレも少ないのでありがたい限り。普通にこれ一色でグラデーションを作っても非常に可愛いけど、手持ちのシャドウにラメとくすみ感を忍ばせるためにベースとして仕込むことが多いかも(これは教えてもらいました、重宝しています)。




11. 無印良品 シリコーン調理スプーン
シリコーン調理スプーン 長さ約26cm | 調理小物 通販 | 無印良品
お察しの通り、わたしは無印が好き。これもSNSとかで話題になっていたやつですね。まあ話題になるんだから使い勝手いいんだろうよ、と思って買ったら想像以上の実力でいい買い物だった。炒める時にも煮込む時にも取り分ける時にもこれ一本で全てが済むし、シリコンなのでスパチュラみたいにカレーなどのとろみのあるものをきれいに取り切ることもできる、優秀。そしてそのままの勢いでひとまわり小さいサイズも買った。これもまた小回りが効いてとても優秀。




12. 三幸 甘えび塩辛
甘えび塩辛(ロング瓶) <第13回 新潟市土産品コンクール 金賞受賞> | エビ | | 三幸オンラインショップ|粋なにいがた 味の寄路
みんなだいすき三幸さんの塩辛シリーズ。サーモン塩辛が定期的にバズりますね。甘えびもいつか食べないと食べないとと思っていたら、WESTくんがFC動画で食べてたの見ておいおい!って言いながら買いに走った。サーモン塩辛よりも脂っ気が控えめなのでさっぱりしてるので個人的にはサーモンよりもさらに好き。エビのぷりぷり感はそのままに、塩糀のおかげで塩味だけでなく甘えび自身の甘みもさらに引き立つ……そして糀のまろやかさがまたあとを引く……そう、これは白米における最強クラスのお供であり、そして最高の酒の肴です。三幸さん曰く地酒だけでなく白ワインにもぴったりだとか。年始はこれとワインで過ごそうかな……




13.いなば チキンとタイカレー(グリーン)
チキンとタイカレー(グリーン) | 商品情報 | いなば食品株式会社
別にこれに関しては今年に限ったことではないんだけど今年もしこたま食べたので……めちゃくちゃタイカレーが好きで特にグリーンカレーに目がなく、身近なスーパーやら輸入食品店やらで目に入るレトルトのグリーンカレーはだいたい食べたんですけど、やっぱりこの缶のやつが一番手軽かつコスパが良いので常に2〜3個ストックしてないと落ち着かない身体になってしまった。それなのに最近突然近所のスーパーの棚から消えてわざわざドンキに行かないと手に入らなくなってしまったのでそのうちネットで大量購入し出すかもしれない




14. オールマイティに使える小綺麗なワンピース
ワンピース|SNIDEL(スナイデル)の通販サイト【公式】
とりあえずリンクはスナイデル載せましたがまあブランドとかってあんま関係なくて小綺麗なら何でもいいと思うんだけど、ここしばらく突然の現場とかちょっとしたごはんとか咄嗟に何着る!?ってなるような場面に出くわすことがたびたび発生して、やっぱり持ってた方がよいな〜になってたときにアパレルのお姉さんに勧めてもらったやつを一着買った。オンでもオフでも使い回しやすいモノトーンのやつ。夏用にも用意しなければな……というのが今後の課題




15. anan 2021年9月8日号
16. bis 2022年1月号増刊

そんなに複数買いするような人間でもなかったのに日々増えていくananに恐怖した夏。bisは宗教画




18. サムシング・ニュー/ジャニーズWEST
19. 初心LOVE/なにわ男子

WESTくんは一番狂っていた時のシングル、なにわちゃんは言わずもがなデビューシングル。
2021年も相変わらずアイドルに日々を生かしてもらっていた。




* * *



2021年、意外と色々ありながら生きてたなあ。
来年も素敵なものに出会いながら、穏やかに健やかに生きられますように。

WESTさんにハロコン出てほしいタイプのオタク

あれ!?ジャニーズWESTさんって、ハロコン出てなかった!?ひなフェスは!?気のせい!?
という妄想に囚われながら生きている。どうもこんにちは。
もう長いこと兼オタしながら生きていると、推しに歌ってほしい曲が多すぎる。「あれ?この曲歌ってなかったっけ?うっそだ〜」的ないやに現実味を帯びた虚妄を抱きながら日々を過ごしているのですが、かといってそれを己の中に悶々と蓄積し続けながら過ごしていたらいいかげん誰かに聞いて欲しくなったので書きます。




SONGS/モーニング娘。
「生きるのが下手 笑うのが下手 上手に甘えたりもできない」←人を殺さんとするくらいの眼力の神山くんでください
似合うな〜〜〜
同時にいつも淳太くんの「幸せになりたい」が降ってくるんですがこんなに「幸せになりたい」を幸せになりたそうに歌えそうな男の人いる?
そのあとBメロ「その殻やぶって」でバーーーーン蹴り上げる振り付けがかっこよすぎるのでカメラはこの時ツインを抜いてください。
ドスの効いたバックミュージックとメロディラインに乗せられているのは実は懸命に生きようとしている鮮明な女心なのがこの曲のギャップであり味ですがこの鉛玉のようなメッセージ性に似合いそうなのがすごい。
夢見ることのできる
仲間たちと
こんな歌で笑おう
さぁ 輝こう

このフレーズ似合いすぎるのよ






浪漫〜MY DEAR BOY〜モーニング娘。

えっ!?!?!?似合いすぎ!?!?!?!?
あれ?歌ったことなかった?気のせい?そう………冒頭の英語台詞濵ちゃんでギャーーーーッて叫んだ記憶がある気がする……ない?幻?そう…………
わたしはいつまで経っても'15春コンGRADATIONの浪漫が好きすぎるのですが、落ちサビ最後の「MY DEAR」を歌い切った鞘師がニッと不敵に笑ってセンターで立ち尽くし、アウトロを踊る周りのメンバーに合わせて歌い終わったポージングから少し抜き目に踊り出す鞘師…という構図が好きすぎる(ニッチすぎるけど伝わる?'15春コンGRADATION見てください)ので、絶対重岡くんこれやってほしい。
落ちサビの「HEY MY BOY」の後の\HEY!!/は流星くんが良い。わたしはえりぽんにすこし流星くんを重ねて見ているところがある
っていうかMVの矢口がめちゃくちゃ若くてびっくりした





memory 青春の光モーニング娘。

歌ウマ三銃士!!!!!!!!!!歌ってくれ頼む!!!!!!!!!!!!!になってるのがこれ。急にビッシャビシャの湿度を纏うのが彼らの得意技なので遺憾無く発揮して欲しい。
Bメロ「さようなら」で切り込んでくるのは流星くんがいい。「二度とそんな顔なんて見たくない」を流星くんに言ってほしいだけ。
もしくは「新しい彼女のこと わたしのように愛さないで」を濵ちゃんの声で聴きたいだけともいう。似合うな〜〜〜
っていうかMVのなっちがめちゃくちゃ若くてびっくりした





アジアンセレブレイション/Berryz工房

ラッキィスペシャ
パーリパーリパリ -カタカナを叫べ-
PARA! PARA! チャ〜ハン
アジアンセレブレイション
ほら、並べてもこんなに違和感がない。不思議〜
「ハ~イ皆様お元気?ようこそいらっしゃいました!さぁ、それでは始めるよ。Let's have a good time!」←これ絶対神ちゃん
言わずもがなぜんぶを浪速にしている(している?)彼らなら、もちろん世界中でDiscoもするし、近隣国とShake handsだって余裕だし、近い将来アジア中でCelebrationもする。これは未来日記にも書いてあるのです。
これはわたしの個人的な印象ですセクゾがジャニーズにおける(主に9期政権以降の)モーニングみたいな立ち位置だとしたら、WESTさんはベリキューみたいなとこかなとか思ったりしている節があるのだけど、そう考えると例えば『あなたなしでは生きていけない*1』とかもガッツリ歌いこなしてくれそう。あななし、ちょっと『クチウツシ』に楽曲の雰囲気が似ている。






悲しきヘブン/℃-ute

わたしこれ絶対濵ちゃんと神ちゃんで見たい。死ぬ程バッチバチにハモってほしい。
なんだかんだベリキューは戦闘民族でWESTさんもYSSBとかPUSHとか見てたりするとそういうところあってみんなめちゃかっこいいなと思っているので、いっそ濵ちゃんと神ちゃんに火花を散らしながらガッツリどっぷり組み合って全力で殴り合ってほしい。歌唱力で。もはやガッデム
この曲の良いところは歌っているのは二人だけで周りのメンバーが皆ダンスに徹しているところだけど、もちろん全員当たり前のようにめちゃくちゃ歌えて戦闘力抜群なのに敢えてバッキバキに踊っているのが良い。歌がメインでもあり、かつダンスがメインでもある。両方かっこいいからこそできる曲。
みんな、TAMERで淳太くんがメンバーのこと呼んだあとそのまま踊るの好きじゃない?わたしもだいすき






Fiesta! Fiesta!/juice=juice

「情熱を解き放とう」←これ絶対あっくん!!!!!絶対あっくん!!!!!!
この瞬間もはや黄色い歓声というよりかは拳を突き上げて太い声で雄叫びをあげたい。
「シケた顔じゃ 百年早い」←おーれーの、のぞむー!!!!!!!!
見たいっていうかコールしたい曲になっちゃうな……ラテン、パッションの塊軍団に似合いすぎるので絶対頭の血管切れそうになるくらい盛り上がれる自信があるのですが、「後は君次第」で死ぬ程濡れた流し目をする淳太くんと流星くんが見えたのでこれ以上はやめておきます。






ここにいるぜぇ!モーニング娘。

重岡くんの「俺たちはいま!?」の煽りに合わせて\ここにいるぜぇ!!!!!!/って会場全員で叫びたい。ドームでここにいるぜぇ!したい。
多幸感こそハロコンの醍醐味なので、Jump!の煽りに合わせてみんなで泣き笑いながら飛び跳ねたい。絶対外周ランナウェイ曲だと思うのですが、花道全力疾走するかみしげか、淳太くんを引きずって全力疾走する重岡くんがみたいです。バックについてた関ジュと一緒にわちゃわちゃして大騒ぎしたあとに会場みんなで「WOWWOWWOW みんなロンリー BOYS&GIRLS」で手を振って、「みんなで一緒に飛びますよ!はいジャンプ!×4」はあっくんの掛け声でさいごジャンプしたい。








※おまけ
哀愁ロマンティック/道重さゆみ譜久村聖
これはWESTさんというより去年の728の日のドリアイピンクを見て思ってた小瀧&道枝のピンクコンビに絶対歌ってほしい!!!になってた曲。好きだな君がも抜群にいいけど、敢えての哀愁ロマンティック。
「みんなにいい顔しないで ほらみんなにいい顔しないで ほらみんなに優しくしないで 許さない」と言いながら床を叩く振り付けをする高身長スタイル抜群ビジュアル最強1勝3敗ちょっと負け越しピンクコンビ……






全くもってただのわたしの妄言なだけなんだけど、こういうこと考えてる間がめちゃくちゃ楽しいんだよな〜と思いながら日々を過ごしています。
敢えて積極的にEDMに触れなかった節があるので今度ちゃんとWESTさんがワンマンでハロコンやった時のセトリ組みます。よろしくお願いします。
(ワンマンでハロコンやった時?)

*1:

なにわ男子デビュー決定に寄せて

 

なにわ男子の皆様。

CDデビュー決定、本当におめでとうございます。

今日のこの日が終わってしまう前に何か書かなければならないという、大きな感情に動かされて今文字をタイプしています。

 

2021年7月28日。

コロナ禍でエンタメ業界のみならず全世界の人間が様々振り回され続けている中でようやく漕ぎ着けた有観客のコンサートツアー、そんな記念すべき728の日の公演のステージの上で、たくさんのファンに囲まれながらデビュー発表が出来たこと、本当によかった。

なにわ男子がデビュー発表をするならば、絶対に有観客が良かったから。

自分がその場にいるいないは関わらず、とにかくなにわちゃんたちのことが大好きなみんなで空間を埋めながら、全員でお祝いしたかった。そんな空気感の中で、彼らに歓喜の声をあげさせてあげたかった。それが無事に叶ったこと、わたし自身も心から嬉しく思います。

勝たんコン、残念ながら横浜の会場にいけなかったわたしは、それでも地元でYouTubeの画面を固唾を飲んで見守っていました。MCの一部配信というまさに『令和』らしい形で彼らのデビュー発表の瞬間を一緒に味わえたこと、本当に幸せでした。ありがとうございます。

 

 

思えば長い道のりでした。

と、安易に発言できるほど、わたしは彼らのことを知ってから長くありません。

それでもコロナ禍で生活も一変し、己の仕事や生活も刻一刻と変化していき、毎日を不安に過ごしていた中、わたしに希望と彩りをくれたのは、確かになにわ男子の7人でした。

そんなわたしでも、彼らが歩んできたその道のりが、決して平坦ではなかったことはよく知っています。

 

西畑くんの昼公演の挨拶です。

「松竹座の先頭に立ったその日からデビューするつもりはずっと持っていこうと、そこから6年経って(中略)デビューする運びとなります。」

なにわ男子、CDデビュー発表で気持ち新た リーダー大橋和也「楽しみながら前に進みましょう!」<ライブあいさつ全文> | ORICON NEWS

10代後半から20代前半の人間にとって、6年という歳月は振り返るとあっという間だったかもしれませんが、過ごした時間は決して短くはありません。

先輩がデビューをし、一緒に活動していた仲間が東京へ行き。もちろん別の道へと進んでいった仲間も沢山見送ってきたでしょう。心ない言葉を投げかけられたことだってあったことも知っています。後追いですら、その事実は本当に悔しい。

時には自分の進む道を信じられなくなることもたくさんあったでしょう。時には逃げ出したくなることもたくさんあったでしょう。

それでもずっと関西ジャニーズJr.として笑顔を見せてくれていた7人に、心から感謝の気持ちを伝えたいのです。彼らがそうやって踏ん張り続けてくれていたからこそ、わたしは彼らに出会うことができ、こうやってデビュー発表という歓喜の瞬間に立ち会うことができたのだから。

彼らの人生において最大級に幸せであろう瞬間をほんの少しでも共有させてもらえたこと、非常に嬉しく思います。

 

今まさに、令和の時代に新たなアイドルの風をジャニーズ事務所のみならず日本、そして全世界のエンタメシーンに吹かそうとしているなにわ男子。その最初の一歩の瞬間を共に噛み締められること。ファンとしてこんなに幸せなことはありません。

デビューはジャニーズJr.としての立場から見るとゴールなのかもしれませんが、あくまでもここが彼らの新たなアイドル人生のスタートとなるのでしょう。

同じく本日昼公演の丈くんの挨拶には

僕のなかでは、なにわ男子1章を終える。2章はデビュー組に混じってたくさんの先輩に負けじとこれからも一生懸命頑張っていきます。

なにわ男子、CDデビュー発表で気持ち新た リーダー大橋和也「楽しみながら前に進みましょう!」<ライブあいさつ全文> | ORICON NEWS

という言葉がありました。

なにわ男子の第1章。一旦ここで結ばれる彼らの関西ジャニーズJr.としてのお話は、今年の11月から新しくジャニーズ事務所の所属アーティストとして物語をリスタートします。

ジャニーズWESTがデビューして7年。

King & Princeが結成されてから6年。

今日のあの時、デビューを告げられた瞬間の彼らの表情を、あの時の己の心の昂りを、わたしは一生忘れることはないでしょう。

 

 

 

結局僕らは夢を追いかけた
叶うかどうかもわからないまま

  -空言オーケストラ/関西ジャニーズJr.

 

 

無事に叶った彼らの夢の続きを、これからも一緒に見せてもらいたいと思います。

なにわ男子、なにわちゃん。

本当にデビューおめでとう。

これまでも、これからもずっと。

心の底から、大好きです。

 

 

 

2021年7月28日

大阪からも横浜からも遠く離れた片田舎から、めいいっぱいの愛を込めて。

 

松村北斗に落ちたというのはまだ早いかもしれない

オタクの皆様に質問ですが、そこまで身構えず比較的フラットな気持ちでコンサートを見に行って、思っても見なかったところから特大爆弾を浴びて帰ってきたことはあるだろうか?


わたしにはある。
というか、ついこの間経験した。

 

 

先日、お世話になりまくり友人(約1ヶ月前わたしがジャニーズWESTのライブツアーに参加した際にわたしの介護をしてくれた彼女)*1が声をかけてくれたので、SixTONESのライブツアー『on eST』に行った。のだが、そこで予期せぬ方向から盛大にぶん殴られた。
長いことドルオタやっててついでにジャニオタだが、それでもわたしのSixTONESへの知識は茶の間に毛が生えた程度、強いて言うなら彼女からもらうCDのお陰で今までリリースされた楽曲は全て網羅はしてるもののそこまで深くは聴き込んではいない、でも好きな曲は何曲かある!そんな感じで頭にセトリすら入れてないような比較的ライトな状態で見に行った、のが間違いだったのかもしれない。
結構な勢いで殴られた。

そう、松村北斗の顔面に。

 

 


とにかく準備と銘打って二週間程SixTONESの楽曲を毎日聴き込んで、やっぱりうちわもないとかなーSixTONESさんなら髙地くんかな、友人は慎太郎くん担だしMy Hometownだしな、と思って前日ギリギリに思い立って髙地くんのうちわを作成して望んだ当日、まずは座席の説明からしよう。


昨今デジタルチケットが導入されているジャニーズのコンサートは、当日会場にて発券をしてみないと己のチケットがどこの座席かわからない。

先日同会場だったジャニーズWESTのコンサートでは最後列も最後列の完璧天空席だった為その経験値しかない状態で、今回はどこかな〜、せめてアリーナだと嬉しいんだけど、とそんな気分で当日会場に行って相も変わらず超絶スムーズに発券、指定された座席を探してみると、


………………あれ、もしやこれアリーナどころかだいぶステージの近くなのでは?


静かに歓喜の声をあげる我々。

しかも開演直前にわたしがトイレ渋滞に巻き込まれている間に座席を間違えていたことが発覚し、正しい座席がなんと比較的前方の中央の可動式花道の脇。トイレから帰還したわたしが

「え!?ここ!?ほんとに!?」

とアホほど動揺している間にあっという間に暗転、気が動転してるままに公演が始まった。

 

 

 

そして訪れる運命の時。

その瞬間は唐突だった。
事故に遭うときはいつだって突然なのだ。

 

コンサートも中盤。

My Hometown』がの歌唱が終わり、去っていく慎太郎くんと髙地くんの姿をかわい〜〜〜〜と眺めていたら、メインステージ上にそれぞれ上手と下手に一組ずつスタンドライトと小さなテーブルとイスが現れ、小さな書斎のような雰囲気がふたつ作られた。そしてステージ上に現れる『って、あなた』を歌う二人。
大我ちゃんのお衣装がかわいいな、と思いつつ眺めていた曲中、両サイドに設置されていたスクリーン、我々がいた上手側がパッとカメラ映像に切り替わり、彼ーーー松村北斗くんの顔がパンと画面に大写しになった瞬間、非常に安直な表現で悔しいのだが、まるでガツンと鈍器で思いっきり殴られたかのような衝撃が走った。

 

 

 

 

 

 

 

「え!?!?!?!?顔、良!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

小ぶりなラウンドタイプの眼鏡をかけて、赤い縫い目があしらわれた白いトレーナーの衣装を纏い、時々ふ、と目を伏せ汗を拭うその憂いを帯びた表情に全てを持っていかれ、その後もずっとステージ上の彼から目を離せなかった。

その衣装の、恐らく『赤い糸』をあしらったのであろう縫い目のように、わたしの視線もまるで縫い付けられたようにずっと彼を夢中で眺めていた。

結果、白く光るペンライト(ペンライトだけは事前に購入した)を握りしめ地蔵のようにその場に立ち尽くすほかなく、出来ることなら「今回は比較的ライトな気分で現場入れますわたしw」などとのたまっていた数時間前の己をそのペンライトで殴り倒してやろうかという気分だった。

 

 

世界の誰よりも美しく見えた。

その瞬間、彼らの全てが。

その切長れの瞳が弧を描いてステージの上を滑る様子をただただ固唾を飲んで眺めていることしかできなかった。

 

 

……などとまるでこれは小説か?というような文章を思わずこんな雑多なブログで書いてしまう程度には釘付けになっていた。

元も子もない表現をするが、

とにかく顔が好みすぎたのだ。

己の想像以上に。

 

 

 

今までのアイドルオタク人生、顔の良さだけで一気に持っていかれた経験は、実はあまり多くはない。

それもあってあの瞬間、一気に殴られたように目が覚めたのはあまりにも衝撃的だったし、思い返すと貴重な経験だった。

きっと人生で何度あるかわからない体験だろうと思う。

 

呆然としながらそのままコンサートは進んでいったが、だんだん取り戻していった自我の中、大好き楽曲『Strawberry Breakfast』でMVのように花道を歌いながら歩くSixTONESに大興奮、一昨年末から何度もテレビで眺めたイミレを実際に生でこの目で見た瞬間は、なかなかに感慨深かった。

そんな中でもわたしの視線は度々北斗くんに縫い付けられていて、全員満遍なく見ているつもりだったが恐らく視線の4割くらいは彼を見ていたので6人いるうちの割合的には多めの配分だったと思う。

 

 

今までも彼らのYouTubeは度々見ていたし、主演映画の際にホクトホリックのananが凄まじい数平積みされていたのだって、友人と一緒に書店で見てた。

当時ananのみならず大量の雑誌の表紙を飾っているのもすごいなあと眺めていたし、己がちょくちょく買っているドル誌の彼らのページだって眺めていて、彼の一万字………は……あれ、読んだっけ、ちょっと自信がないけど………

とにかく自分が他グル担とはいえ、友人の担当だったから比較的近い距離で摂取していたつもりだったので、自分の中ではなんとなーく彼らを知った気になっていた横っ面を、あのユニット曲の瞬間どかーん!!!と一気に殴られた気がした。

彼の顔面に。

 

 

わたしは表面だけでも知った気になっていただけで、本当は何にも知らなかったのだ。

彼の顔面があまりにも好みだったことすら気づいていなかった。

それが分かっただけでも僥倖だ。

 

 

そんなこんなで思いもよらぬ流れ弾に翻弄されながら進んでいったコンサートもアンコール、会場内がテンション最高潮でてんやわんやしている中、花道をファンサしまくりながら練り歩くSixTONESにわたしも夢中になってペンライトを振っていた。

そんな我々の真脇の花道、たくさん手を振りながら笑顔で歩いていく彼ら。北斗くんがゆっくりとすぐ隣を歩いていくのに、わたしは完全に見惚れていた。

 

コンサート終わりのその翌日、休みをフル活用してYouTubeに上がっていた松村北斗トリセツ動画を延々と見続けたのは当然の結果だった。

 

 

 

新たなる出会いだったのだと思う。

あの日朱鷺メッセで、確かにわたしのアイドルオタク史に『松村北斗』という新たなる1ページが刻まれた。

きっとわたしは、あのスクリーンに彼の顔が大写しになり、衝撃が走った瞬間を忘れることはないだろう。

それでもまだ、わたしは彼のことをよく知らない。この状態ではまだ『落ちた』と言い切れない気がするのだ、個人的に。

これから日が経つにつれ、確かに『落ちた』と口にする日がやってくるのかもしれない。

もしその時にこの記事を読み返したとき、わたしは何を思うのか。未来の自分への宿題にしておこうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………とはいえ、とはいえ。

アンコールも終盤、『この星のHIKARI』を聴きながら喜びと幸せを噛み締めるわたしの目の前、花道をゆっくり歩いてきた髙地くんがわたしの持っていたうちわを目に留めた結果、

わたしの目を真っ直ぐ捉えながら確かにわたしに向かって指を刺し、あのとろけるような笑顔で繰り出された爆裂ファンサを浴びた結果、思わずその場に崩れ落ち、「恋!!!!!!!!!!!!」

と叫びそうになったのは、また別の話。

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:ついでいうとこのブログ登場率最多のNさん。いつもありがとう

令和こそ「おねがいマイメロディ」を見よう

先日親友が10年前は何も言わなかったのに突然
「配信されてるの見つけたからむかし君が好きだって言ってたマイメロを酒の肴に見始めたんだけど4クールもある」
って言い出したので、当時マイメロに狂っていたオタクがテンション上がって押さえるべきポイントを嬉々としてまとめたものを貧乏性なのでここにも載せます。


ということで
令和になって見る
おねがいマイメロディ
(通称「無印」)
〜ここは見ておけよ集〜
presented by わたし

(◆印は見なくても本筋にはそこまで影響しないですが見ておくとより話の理解がスムーズかな?と思ってピックアップしてます)



* * *



第1話「バイオリンが弾けたらイイナ!」
第2話「勉強ができたらイイナ!」
第3話「友達がたくさんできたらイイナ!」
第4話「おうちがキレイになったらイイナ!」
以上初期4話、登場人物と世界観紹介。3〜4話はメインキャラが把握できればいいのでなんとなく流し見でも


◆第7話「ゴメンって言えたらイイナ!」
歌と美紀→柊先輩の関係性把握回


◆第8話 「かわいくなったらイイナ!」
真菜の掘り下げお当番回


◆第10話、19話、34話「ヒーローになれたらイイナ!1,2,3」
奏と彼氏にまつわるあれそれ。無印特有なので見ておくと楽しい


◆第12話 「マイメロちゃんに会えたらイイナ!」
サブレギュラー・クラスメイト白山くんお当番回。話が進んできた時に彼を見て「あれこの狂ったクラスメイト何者だっけ?」になった時に戻ってくるとしたらココ


第13話「心がとけたらイイナ!」
第16話「キスできたらイイナ!」
歌と柊先輩のデート回。『キス』はある程度伏線になってくるので心に留めておくとよいかと


◆第14話「ライバルに勝てたらイイナ!」
駆お当番回。フラットくんとの馴れ初め。貴重な思春期手前クソガキ期(今後進むにつれクソガキはだんだん消えるので貴重)


第20話「星を一緒に見れたらイイナ!」
夏のお出かけ回。くるシャ(第2期)に影響してくるので星を見るところまで見る


第23話「カレと踊れたらイイナ!」
伝説のクロミさま擬人化回。オタクとして見ておくべき。クロミさまが愛おしくて堪らなくなるのと同時にバクが健気で健気で…


◆第27話「柊サマになれたらイイナ!」
話自体はいつも通りの流れだけどここから本格的に柊先輩に変化が出始める


第29話「マドンナになれたらイイナ!
要は性転換回(女→男のみとはいえ)。展開はまあいつも通りなのだがこの回はとにかくオチの駆のとある自覚が重要なので見てください。駆が重要(そしてso cute)なので…


◆第30話「子供にもどったらイイナ!」
オタク大歓喜幼児化回ことサブレギュラー・永代橋先生のお当番回。話が進んできた時に彼を見て「あれこのトチ狂った先生何者だっけ?」になった時以下略


第31話「NO!と言えたらイイナ!」
歌と柊先輩のデート回②。柊先輩が徐々に暗躍し始める


◆第33話「みんな来てくれたらイイナ!」
歌のお誕生日回。駆と歌の関係性が少しだけ変化しますがこれはあくまで種蒔きでしかないので気が向いたら。くるシャ完走してから見ると泣けてくる


◆第38話「賞がとれたらイイナ!」
わたしが好きなだけ。稀に見る闇鍋回


第39話「お母さんに会えたらイイナ!」
クリスマス回。夢野家とお母さんのお話。本編にはそこまで関係ないですが琴ちゃんが可愛い。過去時々歌が口ずさんでたお母さんとの思い出の曲がここできちんと初お披露目。くるシャクリスマス回にもつながるお話


◆第41話「ナンバーワンになれたらイイナ!」
No.2の男ことサブレギュラー柿崎先輩のお当番回。話が進んできた時に彼を見て「あれこのメガネ何者だっけ?」になった時以下略


第43話「告白できたらイイナ!」
いよいよ話が最終回に向かって動き出す回。ダークパワーってなんなのさ


◆第44話「お城に突入できたらイイナ!」
とはいえクロミがマリーランドに行ってメロディバイオリンを手に入れるために必死に頑張ったことがわかればOK。クロミさまは一途でひたむき


第45話「キスできたらイイナ!2」
いよいよ柊先輩が本格的にラスボス然としてくる


◆第46話「一発パンチできたらイイナ!」
サブタイが物騒。落ち込む歌ちゃんのためにマイメロが奮起する回


◆第49話「ポエムがかけたらイイナ!」
ドリームパワーの歌(ラスボスに立ち向かう武器)と美紀とピアノちゃんのカオス回。美紀が噛むと大体カオスになる


第50話「センパイを救えたらイイナ!」
第51話「タクトをふれたらイイナ!」
第52話「夢の歌がとどいたらイイナ!」
平成キッズアニメ屈指の余すことないカオスなので遠慮せずに思う存分浴びてほしい



* * *

以上!
興味が出た人は約15年前オタクを騒然とさせたサンリオの狂気をどうぞ全力で堪能してください。ついでにわたしに感想を教えてください。そしてそのままくるくるシャッフルも見てください(くるシャ過激派)。
おねがい♡

新規重岡担、やっと『宇宙を駆けるよだか』を見る

今日ようやく勇気を出してネトフリに加入して一気に見たので、未来の自分のために悲鳴を瞬間凍結しておきます

(私が国産ドラマ・映画好きであることを前提で知っておくとテンションの高さがちょっと理解して頂けるかもしれない)

(内容は予告無しに増減するかも)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

Special Thanks: 悲鳴を聞き届けてくれたフォロワー

ありがとうの数だけ笑顔の花を咲かせたい

 

 

 

 

 

 

 

『手紙』を『書く』ということ

わたしがまだ田舎の中学生だった頃、『手紙』という文化はいつもすぐそばにあった。

時は2000年代、折りたたみ式携帯の全盛期。それでもまだ中学生が携帯電話を持つには少し早いかな、という田舎の風潮が強かった当時、我々のような山と田んぼと住宅街に囲まれた地方都市の中学生が文章をやりとりする為の最強ツールは、ルーズリーフとペンだった。読み易さなど二の次のような色とりどりのボールペンや蛍光ペンを駆使して装飾を施し、誰も彼もが可愛らしい丸文字に憧れ、他愛もないような内容を半分、または4分の1サイズに切ったルーズリーフにぎっしりと書き込み、独特のあの可愛らしい折り方で小さく折り畳んでは制服のポケットに忍ばせ、授業の合間の休み時間毎に交換し合うのだ。

現在におけるLINEやインスタDMの雑談のように、思春期の我々は手紙のやりとりをしていた。

 

少し前に部屋の掃除をしていた際に、まさに当時中学生だった頃のわたしが友人たちからもらった手紙が大量に出てきた。キャラクターものの可愛らしい大きなお菓子の缶の中に大切にしまってあったそれは、10年以上の時を経ても特に劣化することもなく、当時の空気をそのまま瞬間冷凍したかのようにずっと缶の中で息を潜めていた。

あまりの懐かしさに思わず手に取って開いて読み返してみても、その書き込まれた内容に大層な意味などない。言ってしまえば「おなかすいた」とか、「次の授業であてられそうだからやだな」とか、「◯◯ちゃん実は◇◇くんのこと好きなんだって」とか、「部活がんばろうね」とか。

それでもその小さく折り畳まれた紙のひとつひとつをほどいて中を覗くたびに、今この歳になってその折り目をほどいて手書きの文字を読むという行為そのものが、たまらなく愛おしく思えるのだ。

 

先日、ふとしたきっかけで友人に手紙を書いた。

良い歳の大人になったわたしは、ルーズリーフの切れ端などではなく、綺麗な便箋に読みやすい深い色合いのペンで、丁寧に文字を綴る。たった一言、今でこそLINEやSNSでやりとりをしてしまうような短文ではなく、長く、重たい文章を、それこそこのブログにいくつもあるエントリーのように。

久々に書いた文字のそれはガタガタで書いているうちにだんだんと曲がり、文字も歪み、普段まともに長々と紙とペンで文字を書かないせいで非常に見栄えの悪い恥ずかしい出来のものだったが、中学生当時授業の合間に一生懸命ルーズリーフに文字を綴っていた、あの頃の自分に返ったような気分だった。

きっとわたしの中には、今だに紙とペンで一生懸命言葉を綴っていたあの頃の気持ちが、根っこにずっと宿っている。

 

 

ありがたいことにわたしにはこの歳になっても時々手紙を書く機会がある。

それは今回のように友人に気持ちを伝えるためものであったり、はたまた大好きな推しに想いの丈をぶつけるための手紙だったり。その度に、その時のわたしが大事に抱えていた紙とペンで言葉を綴るあの時の気持ちと向き合い方が、今のわたしにアナログで文字を綴る原動力を与えてくれるのだと思う。

きっとあの頃のわたしはそんなことなど全く考えておらず、ただ目の前だけを見て必死に生きていたのだろうけど。

 

その時必死に生きた『今』が、過去になって糧となった結果、わたしを作り出している『根』になっているのだと、今この歳になって噛み締めている。