僕らの証明はどこにある

画面越しに眺める君の笑顔

人として生きることの大変さを知ったオタク

先日は成人式でしたね。新成人の皆様おめでとうございます。気づけば私は成人式からだいぶ時が過ぎてしまったいい歳した大人なのですが、もう学生時代というか思春期真っ只中からオタクではあったので、そろそろオタクとしてもそこそこ成熟してきてしまっているような気がします。ワインだったら良い感じに熟成されてそうな感じ。

どうもこんにちはいずみです。

 

私はオタクです。

まごう事なきオタクです。 オタク楽しいです。

アニメも漫画もゲームも声優もアイドルも若俳もなんでも美味しく食べます。

アイドルのライブ円盤とAmazonビデオのアニメを交互に見ながらソシャゲを回し、「何故こんなにも人間はガシャを回す欲から逃れられないのか」と自問自答しつつ、体力回復時間の隙間で漫画を読みます。外に買い物に出れば「これ推しが持って自撮りしてたな」という観点からその日購入する飲み物を選び、推しのメンバーカラーの服をチェックし、用もないのに本屋を覗いて帰る生活です。

 

そんな性根はどうしようもないオタクなのですが、そんなオタクも人生山あり谷あり、こんなことってアリ?みたいな出来事に出くわしたりもするものですし、年末年始に会った僅かばかりの友人と、まるで学生時代のように恋話に花を咲かせたりもするものです。

 

これは私の持論なので意見反論は募集中なのですが、オタクの恋というものは一般ピーポーの恋より超えるべきハードル、解決すべき問題点が多い、と思います。

そもそも私の根っこはどうしようもなく自分の好きなものが好きすぎるオタクなので、推しが第一自分はその後みたいなそんな優先順位をしているせいで、根本的に身なりをまず人として保たなければならないのってその時点で結構ハードだと思うんですが皆さんどうしてるんですか?二兎追う者は一兎も得ずっていうのに、どうして世のキラキラオタク達は押しも追っかけて自分の美も突き詰められるのか不思議で仕方ない。教えてください。

あと例えば好きになった人と距離を詰めていけたとしても、じゃあその人がオタクじゃない人かつ自分の趣味を隠していた場合、いつ自分の趣味をオープンにするのか?したとして許容してもらえるのか?許容してもらえなかったとして私はオタクとしての生き方を捨てることができるのか?などと様々な取捨選択に悩まされる、それだけで「なんだよオタクってだけで人生ハードモードかよ」みたいな気分になります。そもそも一般人に擬態してるだけで常にMP消費しているみたいなもんなのに更に追い討ちをかけるようなこの仕打ち。

オタクという人種がいくらマスメディアに取り上げられ巷に浸透して来たとはいえ、世の中的にはオタクというのは気持ち悪いマイナスイメージが多少であれこびり付いている人種であることは仕方ないと思うので、オタクという生き方を選んでしまった時点で修羅の道なんだと思います。それがアニオタであれ、ジャニオタであれ。

 

まあそんなオタクで気持ち悪い私も一応社会では人として生きているので、仲間内の結婚話や恋愛話にそれ相応に反応したり、いいなあという羨望や憧れを抱いてしまったりもします。

人として生きるというのは、時としてしんどいなあと思ったりもするのです。

どうして一人で生きてるんだろうとか、なんかああだこうだ理屈こねくり回して色々、こんな夜更け(もう早朝)(これを書いている今4:30am)に書き連ねています。

 

そんなこんなで前置きが長くなりましたが、失恋しました。

そこそこ良い歳したオタクババアが何言ってんだよ〜みたいな気分なんですが、そこそこ良い歳したオタクババアですが失恋しました。

いや正確にはまだ完全に破れてはいないんですが、九割九分決着が着きました。実質失恋。

あとここまでオタクと恋愛論を書き連ねておいてアレですが、別に私がオタクだったことが原因ではないです。

色々要因とか敗因?負けた?いやそういうことじゃないんですが考えることも思うことも沢山あってこの文章を書いているのですが、別に今回のこの一件、私がオタクなことが足枷になってたわけではなくて、まあ失恋したはしましたが、私の今回の恋路にオタクであったことは何一つ障害ではなかったぞーってことをなんとなく残しておきたかったということがひとつと、なぜかこう、オタク同士だと暗黙のうちに忌避されがちだよなー恋とか彼氏とか惚れた腫れたとかそういう話、って思って、あーーーーーー私だってあの人のこと好きなんだよ!オタクだけど!付き合いたい奴がいるんだよ!推しじゃなくて!リアルで!的なこと言ってみたっていいんじゃないかなって思ったからです。別にこれをわざわざ拡散とか見てみてー!とかはしないけど。さすがにちょっとはずかしい。

 

年の瀬に「私と推し」的な内容更新しておいて年明け一発目の投稿がこんな感じなのめっちゃウケる〜〜!って感じなのですが、まあただの失恋したオタクババアのポエムなので許してください。

そしてこんな失恋した良い歳したオタクババアのポエムをここまで読んでくださった稀有な方に多大なる感謝を寄せて、これくらいで締めます。

 

そんなこんなで今後もより推しを愛することに全精神力を費やしていこうと思います。

私は推しの為に綺麗になります。

メンタルリセット!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

戯言でした。ありがとうございました。