僕らの証明はどこにある

画面越しに眺める君の笑顔

やっと初めて生で演劇女子部を観たパトス

「続・11人いる!〜東の地平・西の永遠〜」を観てきました。
EAST公演しか観られなかったことが非常に悔やまれるのですが、せっかく観に行って多少なりと思ったこともあったので、言葉が汚かったり語彙がなかったりするのですが、備忘録がてら文字に残しておこうと思います。

※容赦なくネタバレしてます。ご了承ください。




だーどぅーコンビについて




そもそも個人的に10期推しで、さらにその中でも石田亜佑美ちゃんと工藤遥ちゃんが推しメンではあったのですが、昨年度の演劇女子部のTRIANGLEに引き続きこの二人がタッグを組むということで、観る前から安心感はありました。

安心感です。そう、安心感。

ただ、タダ、観終わった後の私に残っていた感覚は、観る前とはちょっと違う、ちょっとまずい、別ベクトルのなにかでした。

ええ、そうです。
コンビ沼ですとも。
あとはお察しください。
だーどぅー沼。そこはエデンへの入り口。


タダ(as 石田亜佑美)



私の推しメン、石田亜佑美ちゃんです。

過去作品で彼女が演じていた役柄は、キップのいい、勢いのある、ハキハキしたタイプの女の子や、恥ずかしがり屋で、多少ふわふわとしたお姫様。
しかし今回彼女が演じている役は、両公演とも男役。
正直観る前は、未知の世界だなあと想像できない世界でした(公開されてたビジュアルやポスターがあんまりにもイケメンなのは知ってた)(贔屓目を抜きにしても彼女は男装似合いますね)。
まあ私の一抹の不安なんてただの杞憂だった訳で。

そこには、男の子が居ました。
立ち姿や、歩き方(そもそもあゆみんは多少歩き方が男の子っぽい部分がある)、腰を落とした振る舞い、その一挙手一投足が、きちんと男の子のそれだったことに、ひどく感動しました。
フロルの肩を抱き寄せようとして、手を上に上げて、一瞬逡巡してから腕を回す、その動作。
ちょっと奥手で、口数もそんなに多くなくて、でも大好きな人を、大切にしたい。
好きだから、好きだからこそ、うまく伝えられないし、危ない目にあわせたくない。
そんな不器用な少女漫画の主人公みたいな男の子のタダだったなあと思います。
どぅーのタダを観ていないけど、またきっと毛色の違う、どちらかというともう少しスマートやタダなんだろうなあ、と。そんな気がします。

引用したツイッターにも書いてありますが、フロルを庇って声をはりあげるシーン。
本当にしびれました。心底格好良かったです。


フロル(as 工藤遥)



可愛かった!!!!!!!!

その一言に尽きます。

可愛かったんです。
いや可愛いんですよ、工藤遥っていう女の子は。可愛いんです。クリッとした大きな目に、ぽてっとした唇と、ベビーフェイス。
ただ、ご存知の通り自他共に認めるイケメンであり、いうならば女子校の王子様。普段からそんな立ち位置の子です。
過去の舞台作品でも、演劇女子部になってから演じた役柄は、男の子ばかり。
でも、だからこそ、そんなどぅーだったからこそ、男と女の狭間で揺れてるフロルを演じたのかなあと、ぼんやり思います。

「お前のためなら、女になってもいい」
って、すごい台詞ですよね。
男になりたくて宇宙大学を受験したけども、好きな人の為だったら、女になっても構わない。こう言い切れるまで深くその人を愛せるフロルって、本当に真っ直ぐですごい子だと思います。
だからこそ、フロルの「言葉を聞きたい」「愛してるって言ってほしい」っていう気持ちも、分からないでもないんです。

そんな一途なフロルを、思いっきり可愛い方向のベクトルに振り切らず、多少のがさつさや男の子っぽさを持ち合わせて、でも『おい可愛すぎるだろこのやろう』と観客(とタダ)に思わせる匙加減で演じちゃうどぅーは、さすがとしか言いようがありません。
言葉がほしいって、苦しそうに歌うフロルの、その思いの強さが歌の揺らぎにのっていました。

なのに、要所要所で控えめにつぶやく、甘えたような可愛い台詞。
タダじゃなくても、落ちるにきまってる。

可愛かった。






**

長くなったので、とりあえずここまでにします。
続きはまた今度。


その前に、最後に一言だけ。
まごう事なきネタバレです。








最後の最後、暗転直前のキスシーン。

いろんな意味で、死ぬかと思いました。

あそこで戻れないところまで行ってしまったと言っても過言ではないでしょう。
頭に過ぎったのは道重さゆみ大明神の卒コンでした。

だーどぅー沼。そこはエデンへの入り口。

ありがとうございました。